交換留学の概要

 教員養成系の学生の資質向上を目的に,相互に学生を半年間派遣する国内留学制度です。琉球大学教育学部と北海道教育大学釧路校(教員養成のための単科大学)は,平成16年度から交換留学を行っています。
 釧路校の学生は前学期の4月1日~9月30日,琉大の学生は後学期の10月1日~3月31日が留学の期間です。派遣人数は両大学とも10名以内です。

大学周辺の風景(運がよければ?キタキツネも見られるそうです!)釧路には丹頂鶴も(本学職員撮影)

異なる地域性(自然、文化、歴史)

 両大学が立脚している自然・文化などの風土が異なっているので,留学体験で視野を拡大することによって,他者理解や寛容な適応能力などを強化する契機となります。
 学校外での豊富なフィールド系授業が充実しており,亜寒帯の自然,釧路湿原,野外体験学習(場合によってはイワナ・ワカサギ釣りなどを含む),ウインタースポーツなどに接することができます。
 また,北方領土に関する学習活動,フレンドシップ事業,フリースクール訪問,へき地校での学びなどもあります。


釧路校へ派遣された学生は?

 琉球大学教育学部の所属専修と同内容にちかい専攻に所属して,釧路校の開設科目を履修します。取得した単位は本人の申請により琉大で認定が可能です。条件を満たせば,教職科目,小学校教科の専門科目,中高免許を出す教科専門科目については単位互換を行っています。( ※科目の履修,単位の認定については一部制限がありますので,留学前には十分な確認が必要です。)
 学生寮か格安の宿舎に住むことができます。学生寮では1日3食,食事をとることが可能です(食費は実費です)。


体験者レポート



 琉大・釧路校交換留学生合同で沖縄の伝統芸能を紹介(釧路校で毎年開催されています)
 科目「自然体験学習」に参加(イワナを釣った後に焚き火で焼いている様子です)
釧路祭(沖縄のお菓子も紹介)
釧路湿原