大学院教育の目標

 教員としての基礎的資質のうえに,学校教育に関するより高度な理論的基盤と実践力を培い,未来を担う子どもたちの教育に専門的力量とリーダーシップを発揮できる人材を養成することを目的としています。そのために,以下の修得をめざした体系的な教育課程を提供します。


教育学研究科入学者受入方針


履修方法の特例措置

 大学院設置基準第14条に定める教育方法(履修方法)の特例措置を適用して,現職教員等が大学院教育を受ける機会を拡げています。特例による履修方法としては,2年次のみに適用する「1年次フルタイム方式」と ,1 ・ 2年次にわたって適用する「1 ・ 2年次夜間等授業履修方式」とがあります。 ( 但し,臨床心理学専攻は実習等が組まれているため,1・2年次を通して昼間での単位履修が前提であり,A・Bいずれの方式も選択できません。)

A. 1年次フルタイム方式

B. 1 ・ 2年次夜間等授業履修方式

長期履修制度もあります

 長期履修制度とは,原則として2年間の授業料で計画的な長期在学・履修(最長4年間)を可能にするための制度です。職業を有している社会人院生が対象で,入学手続き時または入学後の1年次後期が終了する2月までに申請書類を提出する必要があります。