数学教育専修

教育研究の概要と履修基準・方法

 本専修には、数学科教育、代数学、幾何学、解析学及び応用数学の分野があります。各院生は入学時に分野と指導教官を選び、指導教官と相談して受講科目を選択し独自の専門性を深めます。また、指導教官が担当する2年間の「課題研究」を通して創造的な研究と問題解決を経験します。

数学教育専修の履修基準(履修最低単位数)

科目名単位数備考
教育の基礎に関する科目4(注1)
専修専門科目12(注2)
教育実践に関する科目4(注3)
課題研究4(注4)
自由選択科目6(注5)
計 30

修士学位審査をクリアした論文の例

(関連するものとして「修士論文要旨録」もご覧ください)

分 野 修士論文タイトル
代数学 代数方程式の歴史―Kroneckerの証明―
幾何学 曲面の形状について
解析学及び応用数学 相対性理論とは何か
数学科教育 学ぶ意義価値に留意した数学カリキュラムの開発

入学者選抜について

 筆記試験および口述試験により、選抜を行ないます。


コース担当教員

分 野 氏 名
代数学 日熊隆則
代数学 山城康一
幾何学 徳重典英
数学科教育 小田切忠人
数学科教育 湯澤秀文
解析学 千原浩之

(担当教員についての詳しい情報は本学の琉大研究者データベースをご覧ください)