学校教育専攻・心理学コース

教育研究の概要と履修基準・方法

 心理学コースでは,学校教育に関する教育・発達心理学の理論的基盤と教育実践についての広い視野と見識を持った教員の養成を目的とし,学校教育において,児童・生徒が学習・発達面,人格・社会面,進路面の諸問題を解決し成長することを促す援助の理論と実践を学びます。

学校教育専修・心理学コースの履修基準(履修最低単位数)

科目名単位数備考
教育の基礎に関する科目4(注1)
専修専門科目12(注2)
教育実践に関する科目4(注3)
課題研究4(注4)
自由選択科目6(注5)
計 30

修士学位審査をクリアした論文の例

(関連するものとして「修士論文要旨録」もご覧ください)

分 野 修士論文タイトル 年度
教育・発達心理学 子どもの「甘え」と社会適応についての研究~抑うつ・社会的スキルとの関係から~ H20
教育・発達心理学 高校教師の成長に関する研究―生徒理解と授業理解を通して― H20
教育・発達心理学 中学生における「生きる力」の心理学的検討とキャリア発達の研究~CAMI理論を中心として~ H20
教育・発達心理学 小学校教師の学校教育相談の意識に関する研究~児童の不適切行動に対する教師の理解~ H19
教育・発達心理学 保育士の保育効力感と「気になる子」の認識に関する研究 H19
教育・発達心理学 沖縄県の高校生の学習効力感と進路発達に関する研究-学習効力感,学習意欲,進路効力感- H19
教育・発達心理学 中学生の生活習慣と心身の健康-電子映像メディア接触との関連で- H19
教育・発達心理学 小学生における言語能力と学習達成の認知との関係についての日(沖縄)中比較研究 H19

入学者選抜について

 筆記試験および口述試験により選抜を行います。筆記試験は英語,専門科目Ⅰ(教育学概論,教育心理学概論),専門科目Ⅱ(教育心理学)を課します。口述試験は研究計画概要を中心に行います。現職教員等の研究業績による代替科目は外国語科目(英語)です。


コース担当教員

分 野 氏 名
教育・発達心理学 島袋 恒男
教育・発達心理学 道田 泰司
教育・発達心理学 廣瀬 等
教育・発達心理学 中尾 達馬

(担当教員についての詳しい情報は本学の琉大研究者データベースをご覧ください)