2019年10月から琉球大学教職大学院は、
 厚生労働省の専門実践教育訓練の指定講座に認定されました!



専門実践教育訓練の指定講座に認定されると・・・

 
働く方の主体的な能力開発の取組み又は中長期的なキャリア形成を支援するため、一定の条件を満たす雇用保険の被保険者(在職者)または被保険者であった方(離職者)が、受講者本人がハローワークへ申請することにより、教育訓練施設に支払った経費(受講料等)の一部が、ハローワークより給付されます。なお、この手続きは、原則として受講開始日の1ヶ月前までに行う必要がありますので、ご留意下さい。

 例えば、現職教員の場合、雇用保険の被保険者である国立や私立の教員が対象となります。

申請した際の給付例・・・

★1年前期  (入学料282,000円+授業料267,900円)×50% =274,950円 
★1年後期  授業料267,900円×50%-8,900円        =125,050円
★2年前期・後期  授業料267,900円×50%              =133,950円

※年間の給付額上限が40万円となっておりますので、1年後期は調整(-8,900円)があります。なお、実際に支払った金額が給付の対象となりますので、インセンティブ等で授業料等が減額・免除になった場合は、その分については給付の対象となりません。

※専門実践教育訓練の給付金のご案内はこちら(PDF)

※詳細については、居住先を管轄するハローワークにお問合せ下さい。

※ハローワークや厚生労働省のHPでも制度についてご確認いただけます。

ハローワークHP:https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_education.html

厚生労働省HP:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html