本文へスキップ

琉球大学教職大学院は、沖縄県の教育課題を追究するプロフェッショナルな教師の育成を目指します

TEL. 098-895-8317

〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地

    











                             

−琉球大学キャンパスから夕日を望む−   

教育課程


教育課程編成の基本方針


  • 沖縄県は教職大学院に多様な人材の育成を求めている。
  • 本教職大学院ではコースを設定せず,院生の志望動機や伸ばしたい(伸ばすべき)資質能力に応じたきめ細やかな対応がしやすい履修指導(カリキュラムモデルを提示しつつも院生と調整して履修科目を決定する)をとる。
  • 協同的な課題解決準備の場となる学生控室,共通科目群は全員が同一科目を履修し,共通科目や課題研究では,教職大学院担当教員も参画し,院生と教員による協働,協議の場を学びの場に意識的に取り入れる。
1.ただ単に最新の,高度専門化した知見を修得させるのではなく,院生となる現職教員自らの実践を振り返り,実践そのものの良い部分を伸ばし,時代に応じた改善や深化・進化を促す支援をする場。
 2.教職経験者は自らの学び(成功体験や失敗体験)を自らの学びに還元するだけでなく,教職経験の浅い者や学卒院生へ伝承。
 3.教職経験の浅い者や学卒院生は大学時代に学んだ「次世代型教材・教具を用いた教育実践」をまだ知らない(大学時代には学べなかった)教職経験者に伝えるとともに,学校教育というものに対する固定観念がないこと(特に受益者たる児童生徒の感覚に近いこと)を武器に,柔軟な発想から学校教育の在り方を見直し,ともすれば視野が狭くなっている教職経験者に新たな視点から教育を見る力を誘う。 

教育課程


2年間の実習イメージ


バナースペース

国立大学法人琉球大学教職大学院

〒903-0213
沖縄県中頭郡西原町字千原1番地

TEL 098-895-8317
FAX 098-895-8316