本文へスキップ

教育実践ならびに教員養成に関する理論的・実践的・臨床的研究及び指導等を総合的・体系的に推進することを目的としています。

お問い合わせ先TEL.098−895−8373

〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地

事業紹介 PROJECT

 連携協定事業

教育学部教員の研究及び学生への教育の向上と、学校における幼児・児童・生徒への教育の向上を目指した協働事業をおこなうため、以下の市町村教育委員会と連携協定を結んでいます。
 
 ●竹富町教育委員会
 ●那覇市教育委員会(NARAEネット)
 ●宮古島市教育委員会(ずみ!ネット)
 ●宜野湾市教育委員会(はごろもネット)
 ●石垣市教育委員会
 ●中城村教育委員会(とよむネット)
 ●南部広域行政組合教育委員会
  (順不同)

 アドバイザリースタッフ派遣事業

アドバイザリースタッフ派遣事業は、大学と地域社会の連携を目指し、大学が有する研究活動の成果を地域に還元することを目的として実施しているものです。学校の校内研修をはじめ、教育委員会や教育研究所等で実施される研修会等に琉球大学教育学部の教員を講師として派遣いたします。また、子どもをめぐっての教育相談についても、出張相談を含めて対応いたします。お気軽にご相談ください。

詳しくは、ここ ←をクリックしてください。


     

 学力向上先進地域育成事業(MSP)

平成25年度からスタートした沖縄県教育委員会からの受託事業で、沖縄県の児童生徒の「確かな学力」の向上を図るため、先進的な学力向上推進地域を育成することを目的としています。

詳しくは、ここ ←をクリックしてください。


 
     

 ちゅら島の未来を創る知の津梁(架け橋)事業(RCC)

平成25年度文部科学省の大学COC事業「地(知)の拠点整備事業」の補助事業に採択されました。
文部科学省が進めるCOCとはCenter of Community の略で、大学が地域のコミュニティの中核的な存在となることを指しています。
本学は、沖縄県や市町村との連携体制による協働を通して、地域のための大学、地域を志向した大学として全学的に取り組むこととしています。

その中で、本学部では附属教育実践総合センターの地域連携事業部門を中心に継続的に実施しているアドバイザリースタッフ派遣事業について、大学全体のCOC構想のもと、事業内容を離島・へき地に拡大し、そこでの継続的な取り組みとして、離島・へき地ならではの、子どもをめぐっての諸々の課題について、教育相談・出張相談・放課後支援ボランティア等を通して、得られた知見を大学の授業に反映させて、学校教育教員養成機能を高めていきます。
また、離島・へき地における充実した支援および教員養成機能との往還関係を、事業期間後も継続可能なものとするために、27・28年度にパイロットプログラムを実施し(26年は準備期間)、28年度末の評価・検証を経て、29年にそれを再構築します。


 
     

 教育実践ボランティア事業

教育学部の後期の講義の一環として学校教員を目指す学生を、放課後の学習指導等に派遣しています。

詳しくは、ここ ←をクリックして下さい。


 

shop info店舗情報

教育実践総合センター

〒903-0213
 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地
 琉球大学教育学部内
TEL/FAX.098-895-8373
MAIL.m-cerd@w3.u-ryukyu.ac.jp

Advisorystaff.htmlへのリンク