学部教育の目標

 基本的な教育目標は以下の3つです。

  1. 沖縄唯一の教員養成学部として,沖縄の歴史的・地理的・文化的および社会的特性を活かし,持続可能な地域社会の形成に主体的に参加し貢献できる小学校及び中学校教員など,沖縄を中心にこれからの教育界を担う人材を育成します。
  2. 国際的な視野と教養を涵養するとともに,子どもの教育と,教育に関する深い専門性を自ら探求し,発見・創造していく人材を育成します。
  3. 学びの場を豊かにするための創造性や人と人とを結ぶなどのコーディネート能力を培うことで,現代的・地域的教育課題に柔軟且つ適切に対応できる総合的・実践的指導力を持った人材を育成します。

入学者選抜の基本方針

  1. 高等学校における教育課程の履修状況をセンター試験や調査書などで確認し,本学部の教育プログラムに対応する意欲と能力とを個別学力検査等(小論文試験や面接などを含む)で評価して,所定の入学定員に応じた入学者を選抜します。
  2. 受験機会の複数化や選抜方法の多様化を実現するために,一般入試の入学定員を前期日程と後期日程とに分けて募集したり,一般入試と特別入試(推薦入試など)とに定員を分割したりしています。
  3. 教科に即した修得度とは異なった入学者適性を判断するために,小論文試験で読解力や構想力を評価したり,面接試験で表現力やコミュニケーション能力などを評価したりします。

学部教育を構成する2つの課程

 学部教育プログラムは,特定の種類の教員免許を取得することを卒業要件としている学校教育教員養成課程と,免許や資格の取得が卒業要件と直接的に結びつけられておらず選択肢が開かれている生涯教育課程という,2つの課程に分けて体系化されています。

学校教員養成課程

学校教育教員養成課程は3つのコースから構成されます。

 小学校一種免許取得を組み込んで卒業要件が設定されている小学校教育コースは,教科の枠にとらわれない総合力を身につけることを軸にカリキュラムが用意されています。

 小・中学校教科教育コースと特別支援教育コースは,特定の分野に即した「専修」に所属して,豊かな専門知識と研究能力・授業実践力を身につけることを軸にカリキュラムが用意されており,小学校一種免許または中学校一種免許の取得を組み込んだ卒業要件が設定されています。

生涯教育養成課程

生涯教育課程は5つのコースから構成されます。

 子ども地域教育コース,沖縄島嶼教育コース,自然環境科学教育コース,生涯健康教育コース,心理臨床科 学コースです。

 学校の枠組みを越えた子どもの教育,地域社会の再生・活性化に貢献できる専門家を養成することに重点をおき,地域の実情に即した教育活動を多角的に実現できる人材,多様な学びの機会を求める人々を心身両面から支援できる人材を育成するカリキュラムが用意されています。

※備考

卒業要件とは, 学士の学位をとって卒業するための履修単位に関する条件で,分野の種別や必須の度合いなどで区分けされた科目群ごとに,履修しなければならない必要最低限の単位数が決められていることを意味します。

入学者受入方針(アドミッションポリシー)

学校教育教員養成課程

生涯教育課程