数学科教育専修

授業科目一覧

数学科教育専修では

 卒業後に、小学校の教員または中学校(高校)の数学教員になりたい人の ための専修です。数学の教員に必要な、

  1. 数学がすき
  2. 数学がよくわかる
  3. 数学を愉しく伝えられる

という条件を満たし、柔軟な思考力を持った数学教員を養成します。入学後は数学 の授業(講義、問題演習、ゼミなど) がたくさんあるので、数学がすきで考えること を楽しめる人には最適です。

 大学で履修する科目は、大きく分けて共通教育の科目と、教育学部専門の科目があります。共通教育の科目には、人文系、社会系、自然系などのいわゆる一般教養としての科目や、運動実技、外国語、情報関係(コンピュータ)などがあります。

 学部専門の科目は、教員になるために必要な科目が中心となります。これも大きく 分けると教職に関する科目と、専修専門の科目があります。教職科目には、教育の基礎理論や教科の指導法に関する科目などが含まれます。

 専修専門科目では数学を学びます。「数学講読」「代数学序論」「解析学序論」「幾何 学序論」「情報数学」「確率統計学」が必修で、これらの分野からいくつか選択してさらに進んだ内容についても履修します。

 また小学校の教員をめざす人は小学校9教科の専門科目を履修します。 必修の実習として、介護等体験実習(主に2年生)、教育実習(3、4年生)があります。


専修が求める学生像と入学者選抜方法


免許や資格について


専修教育を担当する教員

氏 名 専門分野
湯澤秀文 数学科教育
徳重典英 幾何学
日熊隆則 代数学
山城康一 代数学
千原浩之 解析学