生活科学教育専修

授業科目一覧
生活科学教育専修のホームページ

生活科学教育専修では

 人間生活における人と環境との相互作用について、人的・物的両面から研究し、生活の質の向上と人類の福祉に貢献する実践的総合科学である。

 わが国においては少子高齢化、ジェンダー、地球環境、消費者問題等、生活を取り巻く諸問題が山積している。生活科学専修では、衣・食・住生活、生活経営、保育等に関する専門的知識を有し、生活を科学的に見つめ、行動する責任と能力のある教員の養成を目指している。

 生活科学教育専修には、家庭科教育学、衣生活学、食生活学、住生活学、家庭管理学の5つの専門分野がある。各分野では生活を取り巻く諸問題や沖縄の生活に関連したテーマで教育・研究を行っている。地域の暮らしの今日的課題を取り上げていることが特徴といえる。


専修が求める学生像と入学者選抜方法


免許や資格について

 生活科学教育専修に入学後、小学校選修か中学校選修のどちらかを選択することになります。その選択によって下記のように取得できる教員免許状に違いが出てきます。

1 小学校選修を希望する学生

 小学校選修を希望する学生は、「小学校教諭一種免許状」が取得できます。本人の努力次第では、「中学校教諭一種免許状(家庭)」や「中学校教諭二種免許状(家庭)」、「高等学校教諭一種免許状(家庭)」の取得が可能です。

2 中学校選修を希望する学生

 中学校選修を希望する学生は、「中学校教諭一種免許状(家庭)」および「高等学校教諭一種免許状(家庭)」が取得できます。本人の努力次第では、「小学校教諭一種免許状」や「小学校教諭二種免許状」の取得が可能です。

 また、当専修の学生は上記の免許状や資格以外にも、「家庭料理検定3級」の資格について、各教員の支援により取得しています。


注)栄養士免許については、生活科学教育専修では取得できません。


生活科学教育専修所属の教員

花城 梨枝子(はなしろ りえこ):教授
専門分野 家庭管理学(生活経営学・生活経済学・消費者問題論)
担当科目 生活経営学、家族と生活、消費者問題論、生活経済学など
浅井 玲子(あさい れいこ):教授
専門分野 家庭科教育学・保育学(家庭科教育学・保育学・高齢者生活論)
担当科目 保育学Ⅰ、高齢者生活論、保育学Ⅱ、家庭科教育法Bなど
國吉 真哉(くによし さねちか):教授
専門分野 住生活学(住生活学・生活環境論・生活情報処理)
担当科目 住生活学Ⅰ、住生活学実習、生活環境論、家庭工学など
田原 美和(たはら みわ):准教授
専門分野 食生活学(調理学・食文化論)
担当科目 調理学Ⅰ、調理学実習Ⅰ、調理学実験、食事文化論など
土屋 善和(つちや よしかず):講師
専門分野 家庭科教育学
担当科目 家庭科教育研究,家庭科教育法A・C,家庭科教育実践指導

他専修・コース所属の協力教員

松本 由香(まつもと ゆか):教育実践学専修:教授
専門分野 衣生活学(服装文化、服飾デザイン)
担当科目 衣生活学、被服構成実習Ⅰ、衣生活の科学、服装文化論など
大西 竜子(おおにし りゅうこ):生涯健康教育コース:准教授
専門分野 栄養学、栄養生化学
担当科目 栄養学
宮城 一菜(みやぎ かずな):生涯健康教育コース:講師
専門分野 食品学、食品機能学、栄養指導・栄養教育
担当科目 食品学